ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

仙名彩世さん卒業を受け〜タカラジェンヌと卒業

花組トップ娘役、仙名彩世さんが次回の大劇場公演での卒業を発表されましたね。

花組トップ娘役・仙名彩世 退団記者会見 | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

トップとして円熟期に入っている明日海りおさんのことを考えると、このタイミングでの相手役仙名彩世さんの卒業発表は正直寝耳に水でした。

隠さずに言ってしまえば、何も今このタイミングでなくとも…という気持ちです。みりおちゃんの卒業まで、というのも期待していましたしね。

でも改めて思うのは、タカラジェンヌって入団してからは傍目にも組織の理屈に色々振り回されてそうなのだけど、「卒業の時期」というのは唯一本人の自主性に基づいて決められることなんだろうな、ということ。もちろん過去の色々な話も聞きはしましすが、ね…

 

「◯◯さんの相手役だから〜〜」ってのはファン(観客)の見方で、ファンというのはある意味ワガママなので、自分の思うような形で卒業して欲しかったりしますけど、その前にタカラジェンヌ一人一人が限りある宝塚人生に日々向き合っているわけでして。

ほとんどのタカラジェンヌにとって宝塚人生は限りあるもの。宝塚を卒業してからの人生の方がずっと長いんだから、卒業の時期位自分で納得して決めて然るべきだよな、と。

娘役はただでさえ添え物扱いされがちだし、この時期の卒業で「トップの相手役」としてだけではなく、花組トップ娘役仙名彩世」としての花道が出来るのならそれも悪くないかな、とも思うのです。

気持ち的には明日海りおと仙名彩世の息のあったコンビぶりをまだまだ追い続けたかったので残念は残念ですけどね!

本当ゆきちゃんがトップ娘役に就任したことは昨今の宝塚では画期的な人選だったと思いますし、ゆきちゃんがいることで、花組の、娘役の、宝塚のレベルは上がった、と思うのです。(真面目にね) 得難い技芸の持ち主だと、心から思う。

舞浜クリスマスコンサート、ミュージックサロン、退団公演が一本もの『CASANOVA』…でもう本公演のショーのヒロインを務めてくれないのは本当残念。劇団さん、演出家の先生方、残り少ない時間を仙名彩世の集大成にして下さいね!歌わせ踊らせるのは当然ですよ!先の本公演と言い、意外と本公演で実力が発揮できない、芝居の役が小さいのも気になっています。『CASANOVA』が集大成にふさわしい素敵な役だといいな…!

 

…色々書いておりますが、会見の模様が各社と公式にアップされてもまだモヤモヤしているのですよ、わたしも。ファンでいるとこれから何回もこういうモヤモヤにあたるんだろうなあ…

とにかく今は!次回公演をひたすら楽しみに、ゆきちゃんの未来と残りの宝塚人生に幸あれ!と願っております。

 

 

短めですが今回はこのあたりで。

近いうちに、またお会いしましょう。

 

ナギ

 

※報道は各社出てますが、お馴染み日刊スポーツの村上久美子さんの記事が一番詳しいようです。

花組仙名彩世「ジワジワと心の中で動いた」退団会見 - 芸能 : 日刊スポーツ

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村