ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

連休宝塚遠征の備忘録。(星組台湾青年館+珠城茶+月組エリザベートマチソワ)

こんにちは、怒涛の連休が終わりました。

まさに燃え尽きた…真っ白に燃え尽きたぜ…という気分です…いや、ひたってる場合ではない日常が容赦なく襲ってきます、がんばれ、自分。

 

連休(わたしは二日間)どんな感じ過ごしたかと言うと…

 

一日目前半:

星組『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』『Killer Rouge/星秀☆煌紅』日本青年館で観劇。

二階席1列目だったのですが…噂に違わないひどさで、座面が高すぎて脚がつかない…低いと手すりが視界の真ん中あたりに来てしまいそうなので、高くしたのかな。しかし色んな劇場で観劇してきたけど、脚ぶらりんで観劇したのは初めてだよ?地震とか安全面大丈夫なの?と心配になりました…

公演自体の感想はまた詳しくは改めて、ですが、サンファン星組のヴィジュアル再現力のすばらしさ、ぴったりな配役、小柳奈穂子さんの手堅い舞台づくりと相まってよくまとまってました。ストーリーは基本は巨悪にチームで挑むぞ!っていう冒険モノ。主人公コンビが、いわゆるお決まりの主人公っぽくないキャラなのがポイントで、原作だと紅ゆずるさんの凜雪鴉(リンセツア)と七海ひろきさんの殤不患(ショウフカン)がダブル主人公です。仲間同士でも裏切り、騙し合い、それぞれの秘密…があり、そこが物語に面白みを与えている、キャラで魅せるタイプの作品。小難しい話ではない、と思うんですが、キャラの名前や通り名、武器の名前、地名、世界観の設定など、個性的なので、そのあたりが音でパッとなんとなく浮かばないと、ちょっと難しくなっちゃうのかもしれません。ファンタジーの世界観ってそうですよね。

f:id:nagi_narico:20180919184551j:imagef:id:nagi_narico:20180919184604j:image

 キラルは大好きなショーだったので、

下級生の立ち位置、担当場面が変わっていたり、「組子点呼」にいそしむだけで楽しかったです。別箱であらたな萌えが生まれる、あるある…台湾向けに三曲程追加曲がありますが、意外と全体は変わってないです、熱く、激しく、キャッチーでしたよ!

 

一日目後半:珠城りょうお茶会参加

珠城りょうさんのお茶会@宝塚ホテルに初参加してきました!

f:id:nagi_narico:20180919184622j:image

ツイでお先に呟いてたんですが、珠茶では公演やプライベートのお話結構してくれましたね。ゲームも初挑戦!(緊張した)珠城さんはそのどれもに丁寧に受け答え、でも時折チラ見えするいたずら心が可愛らしく、あとこれは全宝塚珠茶に行った方の総意(強調)だと思うのですが、小池先生と明日海りおさんとのエピで、その声マネめっちゃ似てて笑えました。マジメで聡い部分も魅力だけど、茶目っ気あって可愛らしい方。握手コーナー(緊張した)やっぱりあまり記憶が…生の破壊力、おそるべしです…おみやげがめっちゃ実用的(電動歯ブラシ)だったので、これからの遠征のおともにする予定。

 

二日目:エリザベートマチソワ

月組 『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』当日券に挑戦しました。

f:id:nagi_narico:20180919184759j:image

元々ソワレのチケがあって、午前はゆったりまだ行ってない宝塚近隣のスポットやお店でも周って、その一回にじっくり注力するつもりだったんですが、やっぱり見たくなってしまい…

うん、エリザ当日券、凄まじいですね…黄泉の国が見えかけた…詳しくはお察しください、って感じですが、後にも先にもムラであんな早く並ぶことはもうないかも。

これから当日券並ぶ方、時間はもう覚悟して、頑張ってください…(それしかいえねえ…)あと他の公演だとムラの当券って列の並びそこまでピリピリしてない印象あるんですが、割り込み、ダメ、ゼッタイ!ちらほら周りで揉めてるのみたし、あと一緒に並ぶ方は同時に来てほしいな…せめて遅れるなら一言後ろの人に声かけるべきだよね、と。

割り込みされるとこの心境ですからね…

エリザベートは、あんなに映像で何度も観てるのに、とても新鮮な演目に感じました。

ひとつひとつの芝居、音楽、ダンス、振り、転換、演出に意味が感じられる。

考え出すと頭がイタイですが、こんなじぶんの頭がキャパオーバー!な演目これまでないです…LVしなければあと東宝ラスト1回、かみしめながら色々思いを馳せたいと思います。(そしてそれを書かねば)

歌劇の殿堂はエリザベート展と先の月組公演。人気で、入場制限されてました。

エリザの歴史を振り返るビデオ(30分)上映があったんですが、時間が決まっており、微妙にマチソワ間だとタイミングが合わなくて…。再入場してる方もいたのですが、時間は確保していった方が良いかも知れません。

f:id:nagi_narico:20180919184826j:image

BADDY大好き…

ごはん:

セルカの パスタでホワイトピラフ。

f:id:nagi_narico:20180919184654j:image

優しいお味でした…元々ホワイトソース好きなのでこれはマネしよ。宝塚のごはん所はまだまだ開拓中で、とりあえず定番をじわじわ押さえてます。

今度はインドカレーカトマンドゥカリーPUJAやそれこそサンドウィッチルマン に目を付けてます。これまでだと、サラ(Tea House SARAH)やタイ料理のマイタイも良かった。宝塚のお店は、街も、どこ行ってもタカラジェンヌさんのポスターやサインが飾ってあるし、何ならジェンヌさん街中フツーに歩いてるし、不思議ですね。日常だけど非日常…

すかさず公演デザート。(ミルクプリンの中にジュレ入っていて美味)

f:id:nagi_narico:20180919184723j:image

帰りは梅田のフードコートでさっくり。綺麗だしテナントも充実してるし、おひとり様旅の味方ですね。

UMEDA FOOD HALL | うめだフードホール | 阪急三番街

そういえば今回グッズとおみやげで散在あんまりしなかったな…

次の遠征までとっておきたいと思います。ごはんやおみやげも、また新しいとこ開拓したいです!どっかおすすめ等々ありましたら是非教えてくださいね。

ではでは今回はこのあたりで。

ナギ

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村