ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

突然ですがわたしのすきな宝塚スターさんをブログで語り倒します。その⑤〜音波みのりさん〜

こんにちは、久しぶりのこのシリーズ!

突然ですがわたしの好きな宝塚のスターさんを語り倒します。その①~七海ひろきさん~ - 『エンタメ ジャーニー』ナギ ナリコがエンタメScrap!

突然ですがわたしの好きな宝塚のスターさんを語り倒します。その②~珠城りょうさん~ - 『エンタメ ジャーニー』ナギ ナリコがエンタメScrap!

突然ですがわたしの好きな宝塚のスターさんを語り倒します。その③~有沙瞳さん~ - 『エンタメ ジャーニー』ナギ ナリコがエンタメScrap!

突然ですがわたしの好きな宝塚のスターさんを語り倒します。その④~鳳月杏さん~ - 『エンタメ ジャーニー』ナギ ナリコがエンタメScrap!

 

止めないと延々と書けそうなのと、そろそろどっかからツッコミが入りそうなのが悩みどころですが笑、5回目の今回は娘役さんをご紹介します!

今回は星組音波みのりさん。

kageki.hankyu.co.jp

(このKiller Rougeのはるこちゃんのスチールヤバイ可愛い…)

 

音波みのりさんのこれまで

91期生として入団、同期に星組天寿光希、宙組澄輝さやと、月組紫門ゆりや等。OGに元宙組トップ娘役野々すみ花、元雪組トップ娘役、愛加あゆ。

『愛と青春の旅立ち』『オーシャンズ11』で新人公演ヒロイン、夢乃聖夏主演『摩天楼狂詩曲-君に歌う愛-』で華雅りりかとWヒロイン、紅ゆずる主演『メイちゃんの執事』でバウヒロイン。涼紫央主演『天使のはしご』でバウヒロイン。他、代表的な役柄に、『風と共に去りぬ』のメラニー、『琥珀色の雨にぬれて』のフランソワーズ等。

 

現在も星娘として、重要なポジションを任せられることが多い娘役さんです。先の本公演『ベルリン、わが愛』ではレーニ・リーフェンシュタールと言う野心メラメラ・個性的なキャラクターを、また中日劇場公演『うたかたの恋』での可憐なミリー役は記憶に新しいです。

では音波みのりさん…はるこ(愛称)ちゃんの魅力を語り倒します!!

 

おれたちのはるこ

ネットスラングですけど笑、はるこちゃんの魅力はもう、一言で言うとこれですね…!小柄で綺麗で可愛らしいお顔立ち、というヴィジュアル面での可憐研13という娘役としてはかなりのベテランでありながら、いつまでも愛らしく、初々しさを保つその娘役芸。舞台化粧、衣装の捌き方やアクセサリーのセンス、表情や所作。「娘役」はそういった宝塚ならではの「スキル」を用いて、女性だけで演じられる宝塚歌劇を成り立たせる存在。はるこちゃんもそんな確かな技術の持ち主であると思います。

表立って取り上げられることは男役の方が多いですけれど、そもそも娘役、娘役芸なくしても、宝塚歌劇は成立しないんです。

 

オススメはるこちゃん

 メイちゃんの執事』(2011)

TAKARAZUKA SKY STAGE 10th Anniversary Eternal Scene Collection「メイちゃんの執事」 [DVD]

現在の星組トップスター、紅ゆずるさんの相手役として、ヒロイン東雲メイ役。演出はすでに退団された児玉明子さんで、映像や人形劇を使うなど、斬新な場面も。少女まんがが原作ですので、メイ役はヒロインとしても大きな役。改めて見直すと、現宙トップ真風涼帆、宙組二番手芹香斗亜、月組二番手美弥るりか、元星組トップ娘役妃海風星組二番手礼真琴等、とスター揃いの公演ですねー!紅ゆずるさんと音波みのりさんの芝居等、相性の良さを感じさせる意欲作、という印象。キュートな少女まんがのヒロインのはるこちゃんが見られます!スカステでの定期的な放送に加え、映像ディスクも。

『THE ENTERTAINER!!』(2016)

星組宝塚大劇場公演 MUSICAL『こうもり』 …こうもり博士の愉快な復讐劇… ―ヨハン・シュトラウス二世 オペレッタ「こうもり」より― [Blu-ray]

はるこちゃんは「娘役芸」の人でもありますが、「ダンサー」でもある。バックで大技なリフトをしていたり、見えないロングドレスの中でもわかる、巧みな脚捌き。時には可愛く華やかに、時には色っぽく艶やかに、「魅せる」表情の作り方。銀橋渡りでOG十輝いりすさんとの身長差カップルも萌え…!「実は」「さりげなく」「細部に」拘りや技を感じます。OPとEDのシルクハットとケーンにミニスカートの現代的なレビュー衣装もすごく似合っていて可愛い♡

『燃ゆる風━軍師・竹中半兵衛─』(2017)

星組公演 『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』

七海ひろきさん主演のバウ公演。七海さん演じる竹中半兵衛が仕えることになる豊臣秀吉(悠真倫)の主君、織田信長(麻央侑希)の妻、濃姫役。実はある秘密を抱えたキーキャラクター。二幕以降の終盤で、大事な役回りが。みのりちゃんは娘役芸、ダンサーに加えて「芝居の人」でもあります。「あの」信長の妻をどう演じるかが、見所。こちらは映像ディスクは出ていませんので、今後も定期的に放送されるであろうスカイステージで是非ご覧下さい。(七海さんもカッコいいよ)

直近ですと、『ベルリン、わが愛』のレーニなんて、なかなか強烈なキャラクターで改めて芝居心を感じましたし、中日劇場公演『うたかたの恋』のミリーも鬘のセンスから何から本当可愛かったな…(ため息) バイト(宝塚ファン用語で名前有りの配役以外に民衆役等を演じること)で芯でオリエンタルな衣装でダンサーをやっていたのも印象的でした。

 

入団して既に10年以上もご活躍、もう皆さんはるこちゃんのいじらしさ、可憐さ、愛らしさ、可愛らしさ、素敵な部分はご存知だと思いますが…今一度!舞台で!活躍する!星娘音波みのりちゃんを愛でましょう!

これから星組でお姉さん的ポジションや色濃いキャラクターを任せられることも多くなるかと思います。

今度の星組台湾公演の別働隊、瀬央ゆりあ、せおっちのバウ初主演はなんと長(出演者で一番学年が上)!!すごい!
おれたちのはるこーーーーー!!!!

これからも愛でて愛でて応援します!!

ナギナリコでした〜〜!

 

追記:6月半ば現在、東宝開幕間近の星組『ANOTHER WORLD/Killer Rouge』でも!はるこちゃんの美貌!はるこちゃんのお芝居心!はるこちゃんのダンサーっぷり!ぜーんぶ確認できます!やー、アテガキ力が高い座付き作家の作品の組み合わせ、って最高デスネ。星組公演のレポはまた改めて。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村