ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

突然ですがわたしの好きな宝塚スターさんをブログで語り倒します。その③~有沙瞳さん~

もう五月ですね。

宝塚市では星組の初舞台公演が開幕しました。東京日比谷では月組公演が閉幕間近です。今回はわたしが星組で好きな娘役さんをご紹介します。

ちなみにこのシリーズ、前回と前々回は男役さんをご紹介しました。

突然ですがわたしの好きな宝塚のスターさんを語り倒します。その①~七海ひろきさん~ - 『エンタメ ジャーニー』ナギ ナリコがエンタメScrap!

突然ですがわたしの好きな宝塚のスターさんを語り倒します。その②~珠城りょうさん~ - 『エンタメ ジャーニー』ナギ ナリコがエンタメScrap!

 

では。わたしが注目している星組の新進娘役、有沙瞳さん。 

kageki.hankyu.co.jp

まだ新人公演の学年内、これから研7の娘役さんです。

簡単な経歴をご紹介。

98期として歌劇団に入団、組回りを経て、雪組に配属。主な作品に『一夢庵風流記 前田慶次』の新人公演ヒロインまつ、早霧せいな、咲妃みゆのプレお披露目公演 『伯爵令嬢アンナ、月城かなと主演バウ『銀二貫』 のヒロイン真帆、2016年末の「私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!」後、星組へ組み換え、紅ゆずる、綺咲愛里のトップコンビお披露目「スカーレットピンパーネル」に出演。『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』のマリー、新人公演ヒロインのマルグリット、礼真琴主演『阿弖流為 –ATERUI–』 のヒロイン佳奈、専科轟悠主演『ドクトル・ジバゴ』のヒロインラーラを演じる。

 

みほちゃん、くらっち(有沙さんの愛称)の魅力…まず彼女は古典的な娘役さんらしい娘役さんなんです。情感ある歌も歌えるし、お芝居も出来るし、美人さん。でも素顔は「なんて可愛いの♡」って感じの娘役さん。

わたしが彼女に注目したきっかけは雪組『伯爵令嬢』でした。

この公演、日生劇場で前雪組トップコンビのプレお披露目公演だったのですが、まだ当時研3?程度の有沙さんに与えられた役が通称「スリのアンナ」。もう古典的な少女漫画の悪役キャラで、貧しい暮らしをし、見た目も容赦ない…描き方。孤児院育ちの主人公コリンヌと客船内で偶然知り合い、彼女が実は伯爵令嬢(の娘)だったと知り、海難事故をきっかけに入れ替わる。そして偽の伯爵令嬢として振る舞い、数々の豪遊や悪事を繰り返す…。

って改めて書いても、すっげえ役だな…「悪の悪」でしかないキャラで、少女漫画の方もそんな救いようもないテンプレ「悪女」キャラです。

このみほちゃんが演じたアンナが上手くてね~!!

宝塚のことまだ全然知らなかったので、アンナの役の人うまいな~そばかす描いているけど美人だな、って。のちほど宝塚のシステムを理解し下級生娘役が演じるにはすげえ役だと知りました…!

宝塚には「宝塚の娘役」というある種の固定化されたイメージがあって、基本的には美しく、かわいらしく、けなげで、男性(男役)に寄り添う、古典的な女性像を演じることが求められます。で、そういった役に当てはまらない役、例えば、よくあるあるなのが娼婦ですとか、歳のいった女性、男前な女将さん、このアンナのような悪女は、娘役の中でも「女役」タイプの、特に上級生娘役や時に男役が「女装して」演じることが多い。下級生の期待株の娘役にはあんまり任せないんですよ、こういう役。キャラクターも強烈ですしね。路線(トップ候補)娘役にはイメージが大事。

ちょっと説明的になってしまいましたが、そんな大役を研3にして任せられた有沙瞳ちゃん…いや~~振り切ってましたねえ。本当すっごく上手かったもん。悪役ってその人のこと、「本当あいつ嫌なやつ!」と客に思わせたら成功じゃないですか、なんならその役者自体を嫌いになる、嫌なやつだと思うくらいの勢い大事。

わたし元々「伯爵令嬢」の原作が好きでして、宝塚を観劇したんですが、とっても感激しましたね、アンナすっごい!って。

基本的にわたしはお芝居心がある役者さんがすきなので、タカラジェンヌでも男役娘役問わず、それは同じです。有沙ちゃんも芝居心がある。そしてその清廉さが魅力かな。

 

日本舞踊も嗜まれているので日本物の所作も綺麗ですね。もうね~正統派の美人さんなんですが、声が綺麗で、雰囲気が本当可愛らしいんですよ!あと星組に来てから、ぐっと!あか抜けましたね~!雪組という朴訥で古典的な印象の組から、ゴージャスで現代的な星組に。組替え後のスカピンのマリー、オーディションで勝ち取った新公ヒロ・マルグリット。そしてすでに現二番手の礼真琴の相手役や、専科のトップオブトップ轟悠の相手役も務めおり、

nagi-narico.hatenablog.com

池田泉州銀行のイメージガールまで(前任伶美うららさん)!

池田泉州銀行

実力としては申し分ないですし、最近「娘役力」が益々あがっている印象で、ご本人も意識されているのかな~?元月組トップ娘役、彩乃かなみさんがお好きだそうで、そういうところを目指しているのかな。かわいいよ、みほちゃん。

どの公演もしっかりしたレベルのものを下級生にして見せてくれますので、これからも楽しみ。星組での場面や役柄でのピックアップも多いですし、娘役としてはもう星娘では二番手格ですね。…ひとつあげるとしたら、これからもし今以上のポジションを…となった時に、その相手役に選ばれる、劇団側に選ばれる舞台姿、普段の姿勢等も見せられているか、だと思います。

結構薄幸系の役が似合う娘役さんで、百合やマーガレットみたいな清楚で清純なイメージ。でも、作品によってはゴージャスな大輪の赤薔薇にならなくてはいけないこともあると思うので、そこかな!

これからも可愛い有沙瞳ちゃんを愛でて応援します!

 

娘役さんももちろんすき!ナギナリコでした~~

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村