ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

『プラド美術館展ベラスケスと絵画の栄光』2018@上野国立西洋美術館

ベラスケス、ってすきな方いますか?

や、いきなりあれなんですが、わたしの周りにそんなスペインの画家がすきな人っていなかったな〜そういえば、と。

エル=グレコはいたかな、位。

わたし自身も、スペインの今回の展覧会で取り上げられていれる16世紀頃の画家達は全然詳しくなくて、ベラスケスあたりはさすがに名前と有名作品位は知っているのですが、本当見識がなかったのです。ちなみに好きなのはイタリア・ルネサンス前後。

https://www.instagram.com/p/BhYGoIen8T1/

artexhibition.jp


今上野の国立西洋美術館プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が開催中。~5/27、兵庫県立美術館で6/13~10/14

「芸術」「知識」「神話」「宮廷」「風景」「静物」「宗教」「芸術理論」

に分かれ、かなり大作も展示され、バラエテイ豊かで大変見応えがありました。

わたしは元々宗教画が好きで、教会に飾られるような作品が好みなのです。聖人や聖母子、聖家族など。

宗教画も面白いのがありました。

画家の、解釈というか思想や個性が、この時代なんかはまさにそうですが、絵の中に濃く滲み出る作品が、面白いし、素敵だな、と思うのです。

全体的に、こう暗い背景に人物の顔がボッと光を当てたように浮かび上がるのがスペインの肖像画、ベラスケスなんかは特徴だと思います。

華やかな作品もありますが、どこか朴訥で、思索を感じさせるような…絵画に画家の思念というか、主義主張が表れている作品が面白いですね。

ヨーロッパは結構行ってる方なのにプラド美術館、スペイン自体行ったことはないのです。絵画館だそうですね。かなり大規模な所蔵らしく、いつか行ってみたいなと思いました。何日も過ごせそう。

Museo Nacional del Prado

 

印象的だったのは

『聖ベルナルドゥスと聖母』アロンソ・カーノ すごい構図だな…笑ってはいけない…

『泣く哲学者ヘラクレイトス』ベーテル・バウル・ルーベンスの工房

ヘラクレイトス』ジュゼペ・デ・リベーラ この二つは隣り合わせなので、個性の違いが面白い!

『視覚と嗅覚』ヤン・ブリューゲル(父)、ヘンドリク・ファン・バーレン、ヘラルト・セーヘルスら 大作で絵画の中に沢山の絵画が描いてあるんですが、ずっと見てられる…!ブリューゲル父の花だ!

ジェノヴァ救援』アントニオ・デ・ペレーダ すっごく演劇的な絵!

『花卉』ヤン・ブリューゲル 愛らしい花々

『鳥売りの女』アレハンドロ・デ・ロアルテ 市井の人の日常が濃いタッチで…!

『小鳥のいる聖家族』バルトロメ・エステバン・ムリョーリョ なんて愛らしい情景

 写真は載せられないので…観にかれる方は観てきてください~ぐぐってみたらなんとなくつかめるかも。

 

ミュージアムショップのグッズはまあまあな品揃えでした。生ハムやワインなどがボデゴン(要は酒場、商店)みたいに陳列されててお洒落でした!あ、ポストカードはともかく、クリアファイルは拡大しすぎじゃないでしょうか…拡大されたの見たいですか?細密画でもないのに?肖像画なのに?

珍しいものとしては絵をアップリケ?にしたものや、ピンバッチなんかも(これは珍しくないか)ありましたが、なんせスペイン絵画、背景が暗いのが多い。

なのでピンバッチ位の大きさだと何が描いてあるのだか、何がなんだか訳がわからないんですよね。ポストカードだけ購入して帰りました。あ、でもミニ図録は欲しかったな…!図録ってデカイし重いし高いし、余程気に入った展覧会じゃないと買わないんですが、ミニ図録¥1300は良いな〜って!うちの本棚パンパンで、今回はやめておきましたが、この位の価格設定や大きさだととても買い易いですね!

ミュージアムショップのスタッフさんが、わたしが有名ブロガー青い日記帳さん

弐代目・青い日記帳

のチケットケース(コラボでこのミュージアムショップ運営の会社と作ったらしい)を使っていたことに気づいてくださって、お話出来て嬉しかったです。

https://www.instagram.com/p/BhYFFzwnqcD/

チケットケースもそろそろ新しいのが欲しいのだけど、なかなか良いのがなくて…今回のは「拡大し過ぎですよ」とお話ししておきました笑

 

全体的にグッズの話が長引きましたが…とても楽しめる展覧会でした!オーディオガイドは及川光博さん、550円(借りていないので感想が…すみません)

大学生の方!なんと無料観覧日がありますよ!!4/23(月)です!!これはいっとかなきゃなやつです!!

キヤノン:イベント|「プラド美術館」展

チケットは大人(一般)1600円

       大学生 1200円

ですから行かなきゃダメです!!

ちなみにわたしは招待枠で平日夜に行ったので、日本の美術館でこんなに空いていてゆっくり見られてたことがあったのかしら?って位空いてました。普段の2018年現在プラド美術館展の混雑具合は不明です…すみません。ただ、スペイン絵画ってルーブル美術館展やエジプト展、ローマ云々より人気はないだろうと思うので、そこまで混雑しないんじゃないだろうか…?怖い絵展みたいなキャッチーさもないし(勝手な予想)美術館はいつでも、朝一か、土日だったら夕方、平日でも夕方位からが良いです、そうすると狭いところばっかの日本の美術館でも、少しは混雑状況がマシになります。

16世紀スペイン絵画にあまり興味がなくても、あらこんな素晴らしい作品があったのね!という作品が多いので、個性豊かなラインナップを、是非楽しんできて下さい!

ナギナリコでした!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村