ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

【祝初日レポ】宝塚月組『カンパニー/BADDY』開幕!@東京宝塚劇場

こんばんは!大興奮のナギナリコです!

幸運なことに宝塚月組の『カンパニー━努力、情熱、そして仲間たち━/BADDY━悪党は月からやって来る━』の東京宝塚劇場初日を観劇してきました!

 

カンパニーは伊吹有喜の小説を原作とし、作・演出石田昌也、BADDYは上田久美子作、演出。宝塚の女性演出家としては初めてのショー作品です。

カンパニー

楽日近くになりましたら、またいつものように記事を書く予定ですが、まだ東宝初日があけたばかりですので、ざっくりと初日レポ、感想などをお届けします。

 

まずカンパニー!ポップでハートフルなウェルメイド、オリジナルミュージカルに仕上がっていると思いました。

石田昌也先生はわたしはベテラン作家のなかでは結構好きな演出家なんですが、さすがベテラン!場面転換も上手いし、時間の制約のある中、結構思い切ってバッサリカットするところはしている。結局原作はまだ未読ですが、そんなに大きく改変はしていないのかな?主人公の設定や女性キャラクターの比重は変えていそうだけど、上手くまとまってるな〜と。宝塚というと派手でゴージャスでドラマティックな作品が多いですけど、この作品は一見地味な「サラリーマンの成長もの」。「Shall we dance?」を思い起こさせます。くすっと笑える場面も、感動的な場面もあり、とても良い作品に仕上がっていたと思います。スーツにリュックの珠城さん、青いスーツの珠城さん、道着の珠城さん、どれも素敵だし、美波役のちゃぴちゃん(愛希れいか)の衣装も役柄が役柄なので派手なものはそんなにないんですが、オデットもコンビニの制服も浴衣も可愛かったな。本当とても良い作品です。

 

ショーテント・タカラヅカ、BADDYはなんかもう…感無量でした…

平和なピースフルプラネット地球に月から大悪党BADDYがやってきて…というストーリー仕立てのショー。

これまでの宝塚のお約束、群舞、番手制度に則った場面、ジゴロ、銀橋渡り、ラインダンス、デュエットダンス、退団者への餞別場面、全部揃えている。

でも、そのどれもがこれまでと「意味」が違う。

こんなラインダンスもデュエットダンスも見たことがない。クライマックス近く、珠城さん一人のある場面、微笑ましい拍手で軽くショーストップになりかけましたからね。BADDYは悪役だけど、珠城さんの持ち味の誠実さが加わって、とても魅力的なキャラクター造形になっている。

数々のコロンブスの卵的な発想の転換は、宝塚というある種のお約束、きまりごとが多い世界では、なかなか難しいのではないでしょうか。

すごいな、ウエクミ先生、(勝手にそう呼んでます)天才だわ…(初日だったので、ご挨拶もできました)

 

初日のカーテンコールも大変盛り上がり、憧花さんや珠城さんの、いつもながらのきっちりとしたご挨拶が。でも少し噛んじゃったりして、言い直したりして、大変可愛らしかったです。「でもまだ初日があけたばかりです、何度でも劇場にお越しください」「しみじみとしてしまって」「客席との化学反応」的なことを言っていたかな。詳しくはスカイステージでご確認下さい←

初日なので一部マイク入ってない、とかもありましたが、カンパニーのコンビニのやりとりの「そだねー」に笑いが起こったり、客席のノリも良く、素晴らしい盛り上がりでした!万場一致のスタオベ&歓声!!出演者もその反応に驚いているようでした。

そんなこんなで大変、既に大満足の公演でしたー!本当最高!!

特にバッディ!バッディ!!最高にクール!

 

まだ何度か観劇しますので、また改めて記事にしたいと思います!

 各社ニュース記事のリンクも貼っておきます!

珠城りょう「新鮮で楽しかった」月組東京公演に意欲 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

珠城りょう、愛希れい、「カンパニー」「BADDY」が30日に初日 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

宝塚月組・珠城りょうのサラリーマン姿を愛希れいか絶賛 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村