ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

蒼井優のしたたかな名演技。彼女が知らないのは…?@『彼女がその名を知らない鳥たち』

今日は少し前、というか大分前、年明けに見た映画のレビューをします。

蒼井優さんの演技が興味深い、ちょっとしたラブミステリー映画です。

まあ、一言で言うと正月に観る映画じゃねぇ…(白目)ですが。

 

嫌な女・十和子、下劣な男・陣治、ゲスな男・水島、クズすぎる男・黒崎。

“共感度0%”の最低の登場人物しか出てこないのに、ページをめくる手が止まらないと話題を呼び、20万部を超えるベストセラーとなっている人気ミステリー小説が、ついに映画化された。

十和子への過剰な愛ゆえに陣治は黒崎を殺したのか。異常な献身と束縛の先には、水島に手をかけ、十和子を追いつめる不吉な未来が待っているのか、それとも――。

肌にまとわりつくような不穏で不快な空気を漂わせながらも、物語はあまりにも美しい“究極の愛”へとアクロバティックに着地していく。誰も裁くことができない予想を超えたラストを見届けたとき、観る者の胸に驚きと感動が広がる、まぎれもない愛の物語が誕生した。

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」公式サイト|4.25(水)Blu-ray&DVD Release

彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [Blu-ray]


『彼女がその名を知らない鳥たち』予告編/シネマトクラス

 

で、いきなりですみませんが、あまりも疲れて、眠くて作品の前半の見せ場の記憶が曖昧です…どうやって始まって盛り上がっていくか?あまりお伝え出来ずにすみません。

で、とにかく凄いのは蒼井優演じる十和子が松坂桃李演じる水島(時計販売員)にクレームつけるところです。クレーム付けながら、誘うんですが、その演技がもう…とっても蒼井優…!って感じでした。わたしは彼女は子役からやってるだけあって、おそらく元の頭も凄く良い方だと思うんですが、とてもしたたかな、計算高い演技をする方だと思うんですね。その巧みさが嫌な方、鼻に付く方もいると思います。あと週刊誌の下品な恋愛ゴシップのイメージがあって、どこか「魔性の女」的なイメージもあると思います。そういう彼女自身の元来の賢さ、スキル、リアルさ、イメージにこの役はとても合ってました。元から可愛らしい声を更に甘ったるくつくって、「あ〜こういう女いるわ…」って思うような女性像になってます。

また、この作品は男性陣をとても贅沢に使っています。竹野内豊松坂桃李の二大クズ男が見れますし、なんだか冴えない同棲相手を阿部サダヲ中嶋しゅうさんが只者ではない老齢の男国枝を怪演。

ラブシーンがそれなりにある、R15指定の映画ですが、自然でリアルでドキドキしてしまいました。感想巡りをすると、この作品で蒼井優さんがヌードにならないのはおかしい、ってのをいくつか(男性陣から)見たんですが、そうかなあ…?別にバストトップなんて見せなくていいやろ、と思います。彼女クラスの女優になると、「ヌードを晒す」=「ネットにその画像をばら撒かれる」です。

わたしが女だからかもしれませんが、そんなことしなくてもこの作品のセクシャルなシーンは十分効果的なものになっているし、それでいいわ、と思いました。

脱いだら女優として一人前、とか男性的な時代錯誤な思想だと思います。前たまたまネットで、「演技が上手い女優ランキング」を見て、ある評論家(男性)がコメントで蒼井優世代の女優にひたすら脱げ脱げヌードヌードして脱皮を、と添えていました。

評論家のくせに、そんなことしか言えないの?と、しらけましたけどね。

 

話がズレましたが、とにかくこの映画は蒼井優のヌード」なんてなくても、面白い映画になっていると思いましたよ。松坂桃李くん、今度三浦さんの「娼年」という過激な内容(が予想される)映画に出ますね。いま、ご本人も何かこう、伸び悩んでる感があると思うので、クズ男芸を磨いて頑張って欲しいです!

阿部サダヲは…抜群に冴えず、抜群に気持ち悪く、怪しい男でしたね、じんじ。

 

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)

原作の沼田まほかるさんは湊かなえさんと比較されるような「イヤミス」の方らしいですね。原作は未読ですが、十和子が本当はなんとなく気づいている違和感を、ラスト近くで伏線としてどんどん回収していく様が上手いな、と思いました。ミステリーとしては、もしかしたら予想できる方もいるかもしれませんが、ちゃんと面白く「意外な結末」を見ることができました。

また水島からプレゼントされた時計のくだりや、じんじを「物盗みそうな名前だな」等、ちょっとしたユーモアラスな場面があるのもいいですね。

演出も良かったです。蒼井優松坂桃李のベッドシーン後からの砂の演出、竹之内豊の存在の扱い方、阿部サダヲの気持ち悪さ、不気味さ、でもどことなく感じる人柄の優しさ。ラストシーンの回想を入れるタイミングもいい。

 

最後に、ですが「この女バカだな」(って下に見るの)はある種の娯楽だと思いました。人間基本愚かなものですが、どこかでもっと愚かな人間を見てちょっと安心したいんでしょうね。鑑賞帰りにあちこちで「蒼井優バカだよね〜!」って声が聞こえてきたので。じぶんでも、心の隅にそういう面あるな、と。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村