ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

突然ですがわたしの好きな宝塚スターさんをブログで語り倒します。その①~七海ひろきさん~

こんにちは、ナギナリコです。わたしには現在宝塚で好きなスターさんとしてあげている方が何人かおります。

では…

今回はそのスターさんについて語り倒したいな~と!

 ということで第一弾・七海ひろきさん。

kageki.hankyu.co.jp

 

現在星組三番手格男役スター。(宝塚の番手制度については機会があればまた、おいおい説明できれば…)等身バランスが綺麗で、化粧映えする男役に最適な涼しげな目元、輪郭。毎回スチール(個人スナップ写真のこと)やスカイステージ(宝塚の専用チャンネルでの)自己プロデュース力のすばらしさで話題になっていますね。

七海さんの好きなところ…もちろん、見た目も好きなんですが、芝居

特に受ける側として、素晴らしい芝居力がある方だと思います。七海さんの芝居力について語る前に、七海さんについてあまりお詳しくないかたもいらっしゃると思うので、以下、少々ご紹介したいと思います。

「通称・美人の期」、89期のご出身、現トップスターの明日海りおさん、望海風斗さんもこの期、OGでは元星組トップ娘役、夢咲ねねさんですね。他にも月組2番手男役美弥るりかさん、専科男役凪七瑠海さん、宙組娘役の純矢ちとせさん、先日退団された壱城あずささん 等、個性豊かでお美しい方が多い華やかな期です。

 

七海さんのプロフィールをご紹介。

2003年89期として入団、宙組に配属。

2009年、大和悠河さん、陽月華さんの退団公演である『薔薇に降る雨』で新人公演主演。

2011年、小池修一郎演出『ヴァレンチノ』でナターシャ・ランボア役(初の女役)。

2013年、蓮水ゆうやさんと「the WILD Meets the WILD-W.M.W.-」で宝塚バウホールダブル主演。

同年、宙組風と共に去りぬ』でヒロイン、スカーレットを演じる。

2014年、TVアニメ『ノブナガ・ザ・フール』でウエスギ・ケンシン役として声優に挑戦。

2015年、宙組から星組に組替え。

2017年、「燃ゆる風─軍師:竹中半兵衛」で宝塚バウホール単独主演。

 

現在も星組男役としてご活躍されています。

近年ではやはり昨年のバウホール単独主演、『燃ゆる風』、ヴィジュアル作りにSNSがざわついた『スカーレットピンパーネル』のロベスピエール中日劇場公演のジャン・サルヴァドル大公が印象的でした。

では、長いですが、鼻息荒いですが笑、ここからです!!

七海さんの魅力!!いくつもあるんですが、三つ!あげたいと思います!!

①共感性の高い芝居力!

②涼やかでスマートなヴィジュアル!!

③「リアルメンズ」っぽいナチュラルでスマートな男役像!!!

三つです!!①について、七海さんは、お芝居心がある方だと思います。で、どういうタイプの芝居をするかと言うと、「自分発信」<「他人を受ける」芝居、それがうまい!

七海さんの代表作…色々ファンの方、それぞれあると思うのですが、中でも私が思う代表作は宙組時代の朝夏まなとさん主演『TOP HAT』のホレス、そして最近の星組中日劇場公演、『うたかたの恋』のジャンです。

この二つの役は主演ではなく、主演のそばで「主演を引き立てる」役です。

芝居は一人芝居でもない限り、自分から発信できる能力・技術と、相手の芝居を受ける能力・技術が必要になってきます。

七海さんは後者がうまい。いわゆる歌がすごくうまい、とか、ダンスが得意、というわけではない。その芝居の上手さも、いわゆるスター性やカリスマ性で魅せるタイプではない。はっきり言ってしまいますが、技術的な面で巧さを感じるようなタイプではない。

けれど、しみじみと、共感性が高く、納得いく、落ち着いた芝居力を持っている方なんです。

ちなみに、わたしが七海さんを初めて観た・認識したのは、たまたま無料放送期間中に放映されていた『風と共に去りぬ』のスカーレットとNHKで放送されていた『こうもり/THE ENTERTAINER!』。

風と共に去りぬ』は往年の名作小説、映画であり、宝塚でもこれまで何度もトップスター(男役が娘役を演じることがたまにあるのです)やトップ娘役が演じています。

その時の感想は「このひと歌はそんなにうまくないけど、なんだかすごく気になるお芝居をする人だな~綺麗だし」でした。

そして確かほぼ同時期にNHKで放映されていた『こうもり/THE ENTERTAINER!』では弁護士ブリント役、ショーでは芝居っぽいシーンでのダンス講師・カイル先生やスパニッシュでソロで銀橋を渡ったり等ピックアップされていて大注目!この涼やかなヴィジュアルなひとは誰?と気になりだしました。

 

では続いて②関連ですが、丁度上記公演の次が前星組トップスター、北翔海莉さんの退団公演で…生七海ひろきさんもそれはそれはお美しい方でしたね。

男役に最適な涼やかな目元に、きゅっと小さな細面のお顔、長身が素敵なんです。

そして③について、七海さんは比較的新しい組である宙組出身なだけあって、現代的な雰囲気をまとったスターさんです。

憧れの男役は天海祐希さんだそうで、確かに過去映像等観ると、天海さんの芝居はかなりナチュラル。

七海さんもそんな天海さんの男役像に影響を受けてか、とてもナチュラルなお芝居をされますし、男役像も現代的でスマート。

こんな彼氏いたらいいな…っていう色気たっぷりの男役さなんですよ!!(机ばんばんばん!)

 

他にもね…過去には最近は隠し気味のおたく属性の話とか…あざらしとか…汗っかきとか…客席釣りにかかってくる感じとか…色々ありますね…

TVアニメ『ノブナガ・ザ・フール』の声優やった話なんて当時は話題になったんでしょうか?(番宣みたら声優としては新人ながらなかなか上手い)常にエピソードや話題が豊富なジェンヌさんですね…!!

 

ファンに「ときめきとうるおい」をくれる七海ひろきさん。

皆さんも宝塚、特に星組をご覧になる際には、是非七海ひろきさんに注目してみてください~~!!

  

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村