ナギ ナリコのENTREVUE BLOG

「ナギ」ですが時にはあらぶり「エンタメ」「すきなこと」について書く。演劇・宝塚・映画・本、アート・旅行等娯楽、趣味の話とたまにの真面目コラム。

人生は悲喜劇、高橋一生のそぎ落とされたシンプルな芝居@『blank13』

大ファンの高橋一生さんの舞台挨拶回を鑑賞してきました!なかなかの人気回だったようで。「高橋一生」運が向いてるわ!最近!と思ってる単純なナギナリコです。

ではあらすじと、予告編からはじめます~。

音信不通だった父の死───。

13年間の空白は埋まるのか?実話をもとに描く、ある家族の物語。

ギャンブルに溺れ、借金を残して蒸発し、13年間音信不通だった父が余命3か月で見つかった。母と兄は見舞いを拒否したが、コウジは子供の頃キャッチボールをしてくれた優しい父を思い、入院先を訪ねる。しかし金を工面している父の姿に失望し、家族の溝は埋まらないまま、父はこの世を去った。葬式に参列するのは数少ない友人たち。彼らが語る父のエピソードによってコウジは家族の誰も知らなかった父の真実を知り、13年間の空白が少しずつ埋まっていく……。

 

 


映画『blank13』予告編

 

映画「blank13」公式サイト 2018年2/3公開

松田コウジ・・・高橋一生

西田サオリ・・・松岡茉優

松田ヨシユキ・・・斎藤工

松田洋子・・・神野三鈴

岡宗太郎・・・佐藤二朗

松田雅人・・・リリー・フランキー 

 

非常にシンプルで静かな映画だな、と鑑賞後思いました。

あらすじがほぼすべて、それ以上に描かれていることは少ないです。

お葬式、というのは人生のドラマがつまっていますね。この作品はさりげなく松田雅人のこじんまりした葬儀と同性の松田さんの豪華な葬儀が対比されています。それがラスト付近に効いてくる。ここに出てくる家族というのもどこにでもいそう・ありそうな話で、それ以上でもそれ以下でもありません。

ただ、その単純な構成のなか、物語を紡ぐ脚本、役者のちから、監督のセンス、みたいなものを感じました。

若干演出やロゴがおしゃれすぎるような気がしましたが、斎藤工がこれがやりたかったんですよね。泥臭くではなく。

なんといってもコウジ役高橋一生がうまい!高橋一生史上いちばん口数が少ない役なのではないでしょうか。その少ない台詞でも心情を伝える、表情、内側に込めている感情の芝居。そぎ落とされた、シンプルな(でも複雑な)芝居。

その巧さ、恐れ入りました。

斎藤工のヨシユキは意外とやりどころのない役だと思いましたが、監督ですしね。

佐藤二朗の怪演っぷりとリリー・フランキーのダメダメ憎めない親父っぷりも見事。

神野三鈴の母親役も良いですね。こういう薄幸系の女性の役が似合う。

そして葬式で故人をしのび、それぞれの弔問客が語りだす場面。

とても演劇的で、舞台映えしそうな名シーンでした。ひとりの人生に、こんな人がこんな風に色々と関わっていくんだなあ。人生は、尊い

 

ぐっと集中して観たので、舞台挨拶はあまり覚えていないのですが…苦笑、

原作者の奥様が司会をされていました。(お綺麗な方!)

登段者は高橋一生さん、サプライズで斎藤工さん、チンピラ借金取り浪岡一喜さん。

斎藤工さんと高橋一生さんは服装が似ていて、ネイビー中心のセットアップやらコートだったように思います。

記事に出来ない発言としては斎藤工さんの「残〇」発言ですね、下ネタおすきなんですか?笑

高橋一生さんは各所で言われていることですが、天才!だと。一生さんも斎藤工さんの表現したいものに自然に寄り添ってお芝居できたそうです。約2週間で撮り、編集に半年かかったとか。お互いを役者、監督として信頼している様子が伝わってきました。

 

エンタメ作品も楽しいですが、こんな作品もたまには観てみると心が穏やかさを取り戻してくれるのではないでしょうか。上演時間は70分でした。

映画のパンフレットがおしゃれ!

 

【映画パンフレット】blank13 監督 齊藤工  キャスト 高橋一生, 松岡茉優, 斎藤工, 神野三鈴, 大西利空, 北藤遼, 織本順吉, 村上淳,

ふたりのインタビューが載っています。

anan (アンアン)2018/01/31[選択の技術(テクニック)]

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村